ふれあい書道展 募集要項
応募資格
 どなたでも応募できます。

応募期間
 平成31年1月7日(月)~1月31日(木)【作品必着】

出品料
 一作品につき300円 (複数点出品可)
 (作品送付時に作品募集要項の払込取扱票で払い込みくだ
  さい。またお持ちでない場合は事務局までご請求ください)
 ※受領書は控えとなりますので、必ずお手元に保管ください
  コピーの同封も不要です
振込期日 2月8日 

応募作品
 字句題材・書体自由 (絵手紙不可)
<作品サイズ(±2cm誤差可)>
 ・半紙(縦33.5cm×横24cm)縦横自由
 ・条幅(136cm×35cm)縦書き
 ・条幅1/2(69cm×35cm)縦書き
 ・長半紙(69cm×18cm)縦書き
 ・連落(136cm×53cm)縦書き
 ・全紙(136cm×70cm)縦書き



古典臨書作品を出品する場合
    ※古典臨書とは有名な古典作品を手本にして書くこと
 ・作品には必ず○○臨と書く。
  [例:花子臨㊞(下の名前だけで良い)]
 ・臨書した部分の古典作品をコピーし添付。
  1つの題材で複数出品の場合は、コピー1枚で良い。
 ・作品とコピーをそれぞれまとめて送付。その際コピーがど
  の作品かわかるように、そのコピーと出品名簿の臨書欄に
  同じ記号を記入する。
 ・ご不明な点がございましたら事務局までご連絡ください。



 ※作品に氏名がない場合、落款のみの場合は作品の裏面
  右下に鉛筆で出品名簿の番号を記入してください。
 ※小中学生の出品は、書写作品を推奨します。
 ※原則として作品は返却できません。

応募方法
 ①出品名簿に必要事項を記入する。
  ※出品点数分の氏名を大きく、はっきり、わかるように。
  ※記入例 出品名簿
 ②出品作品を出品名簿の番号順に並べる。
 ③出品名簿と作品を送付する。
 ④出品点数分の出品料を払い込む。

 ※データでの応募を推奨しております。
 応募点数の多い団体は、データでの出品名簿を受け付けて
 おります。
 応募方法につきましては、メール等でお問い合わせください。

 メールでのお問合せの場合、件名には必ず
 [ふれあい書道展データ出品名簿について 貴団体名]
 とご入力ください。
  Eメール:メール送信

 ※出品名簿用紙の事前FAXは必要ありません。必ず作品と
  一緒に送付してください。
 ※個々の作品に貼る出品票はありません。出品名簿のみと
  なります。

送付先
お問い合せ

 〒731-4214
 広島県安芸郡熊野町中溝四丁目6-5
 全国書画展覧会事務局 ふれあい書道展係
 TEL:082-854-5555
 問い合わせ時間:平日(土日祝除く)9:00~17:00

審査
 最終審査は、文部科学省より推薦された審査員に委嘱し、
 公平公正に審査します。
 審査結果は、2月下旬各担当者宛に送付します。

表彰
 【特別賞】
  広島県知事賞
  広島県議会議長賞
  広島県教育委員会賞
  熊野町長賞
  熊野町議会議長賞
  熊野町教育委員会賞
  熊野町商工会長賞
  熊野筆事業協同組合理事長賞
  ふれあい書道展審査長賞
 【筆都ひっと大賞】
 【ふれあい賞】
  シルバー大賞
  キッズ大賞
 【特選】
 【奨励賞】
 【敢闘賞】
(申請中を含む) 

その他
 応募された作品の著作権と作品画像の版権は主催者に
 帰属します。



●作品展示 : 3月中旬(予定)、特別賞・筆都大賞・ふれあい賞の作品を展示します。
         なお、表彰式は行いません。

●賞状発送 : 3月下旬、各担当者宛に送付します。
         応募者全員に作品画像入りの賞状を送付します。
第38回ふれあい書道展 募集要項
第38回ふれあい書道展 出品名簿

<審査結果後>
 有償になりますが、希望者には作品を掛け軸に表装したり、作品画像入りのマグカップや表彰楯、 キーホルダーなどオリジナルグッズを提供しております。出品者の方々から多くのお喜びの言葉をいただいています。

掛け軸をご希望される方へ
・表装する際、作品に水をかけるため、作品がにじむことがあります。 主な原因と思われるのが表具性の低い墨(水分で簡単に溶ける材質)を使用した時です。せっかくの作品が台無しになり、他の作品にも影響を及ぼす恐れがありますので、 このような墨・筆ペンは使用しないでください。(ご購入の際、書画材店でご確認ください)
・表装する際、作品が台紙に貼り付けてあると作品を傷つける恐れがあるため、ご注文をお受けできない場合があります。
・布表装掛け軸は、四辺を裁断しますので本文・名前が切れないようにまわり 1cm程度あけて 制作してください。
・上記の各サイズを超える作品の表装には別途料金が発生する場合があります。


出品についての注意
Q)一作品につき300円となっていますが、一人で何点も出品できるのですか?
A)はい。出品点数は決まっておりませんので、一人何点でも出品できます。ただし一作品ごとに300円必要となります。
  作品を送られる際に作品数分をお振込ください。

Q)用紙の大きさは自由ですか?
A)縦136㎝、横70㎝を超えないようにしてください。(半紙サイズより小さいものも不可)
  軸表装を前提にした用具用材を使用した表現でお願いします。

Q)作品それぞれに貼る出品票はありますか?
A)個々の作品に貼る出品票はございません。出品名簿のみとなります。こちらに必ず出品点数分の氏名等をお書きください。出品作品と出品名簿を照らし合わせながら受付をします。

Q)出品と同時に、掛け軸やグッズを注文したいのですが…
A)作品の審査が終了次第、審査結果を担当者宛に送付します。その際オリジナルグッズの案内を同封しますので、希望者はその案内を見て、お送りした注文用紙でお申し込みください。

Q)賞状は全員にもらえるのですか?
A)はい。応募者全員に本人の出品作品画像が入った賞状をお送りします。

Q)作品応募は申し込み期限を過ぎると受付てもらえないのですか?
A)書道展のスケジュールは、締切後約1ヶ月半で展示を行うために、締切後約10日で本審査を行っています。そのため、締切翌日からは下審査に入っています。
作品1点1点を慎重に審査するためには日数がかかりますので、1日でも早い送付をお願いします。

Q)特別な賞はどのような賞があるのですか?
A)特別賞・・・広島県知事賞、広島県議会議長賞、広島県教育委員会賞、熊野町長賞、熊野町議会議長賞、熊野町教育委員会賞、熊野町商工会長賞、熊野筆事業協同組合理事長賞、ふれあい書道展審査長賞(申請中を含む)
  ふれあい賞・・・シルバー大賞は高齢者、キッズ大賞は就学以前の子どもです。

Q)何賞が展示されるのですか?
A)特別賞、筆都大賞、ふれあい賞の作品を地元熊野町にて展示します。
  ふれあい書道展は展示のみとなり、表彰式は行いません。